2012年10月23日

鬱病(うつ病)など療養術&障害年金受給マニュアル

鬱病(うつ病)など療養術&障害年金受給マニュアル
鬱病などの精神の病でお悩みのアナタヘ療養術と障害年金のある申請の方法を伝授いたします。


鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル


障害年金を受給し本格的な療養期間を! このマニュアルがあなたを救う!

   
うつ病、そう鬱病、統合失調症などの精神の病でも


ケガなどで後遺症が残った場合と同じように 障害年金をもらえます。


しかし! 多くの方々が知らずに損をしています。



このサイトの目的は障害年金を受給していただいて休養できる機会を、

あなたにお与えすることです。

障害年金の申請(裁定請求)は難しいものではありませんが、

知識は必要です。

是非このサイトで知識を得て、障害年金の受給をなさって下さい。

しかしながら、なかなか医師の協力を得るのは難しい場合が多いようです。

主治医に協力を得るための方法も伝授いたします。

是非、成功者のメールをお読みください。

障害年金をよくお知りにならない方へ簡単にご説明しますと、精神の病の場合、

通院歴が1年6カ月を過ぎても病が改善されない方が申請(裁定請求)できます。



そして医師の書く診断書によって受給できるかどうかが決まります。

このサイトをお読みになれるくらいの病状の方は、まず障害年金1級は

もらえないでしょう。

2級ですと月10万円程度、3級ですと月5万円程度受給できます。

私は、うつ病で2級で月にして12万円程度もらっておりました。

障害年金について簡単にご説明いたしました。

さて、どんなにボールをうまく蹴ることが出来てもルールを知らずに

サッカーの試合で勝てますか?

例え、どんなに重い うつ病でもはたしてご自分で裁定請求の書類に正確に

記入できるでしょうか。

障害年金は一度失敗すると次の申請に時間がかかります。

すぐにでも結果が欲しいのに・・・。

その失敗を防ぐのに、本マニュアルをご活用下さい。



ご心配の方は、是非ご購入者様のメールを ご参考になさって下さい。

 

障害年金の申請そのものは簡単な事務処理です。

ただ、主治医が正しく診断書を書いてくれるかが、不安なところです。

重要なのでもう一回書きますが、本マニュアルでは、

主治医に正しい診断書を書いてもらうための策を伝授いたします。

Aさんは、●●●を●●●●するだけで、2級の裁定をもらうことに成功!

Aさんの場合、●●●の準備に三日間かけました。

●●●がなんなのかは、このサイトのどこかにヒントがあります。

うつ病の方には、きつい事ですが、ここは生活の為に頑張っていただけないでしょうか。

また、このマニュアルで、あなたの療養生活のお手伝いができれば幸いです。

※ 本マニュアルは、不正受給を助長するものではありません。

受給できるであろう患者様に正しく受給してもらう為のものです。

あなたの うつ病 を解放する
うつ病で障害年金2級 ゆっくりと療養
うつ病完治の最短コース
【鬱病(うつ病)など療養術&障害年金受給の最新記事】
posted by うつ解放 at 21:22 | 熊本 ☀ | 鬱病(うつ病)など療養術&障害年金受給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病完治の最短コース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。